« 06 像山碑の謎 | 象山先生遭難之碑(京都市) | トップページ | 08 断片化する武田 / 京都陳列館門柱  »

2007.05.28

07 断片化する武田 / 大典記念京都博覧会門柱(京都市)

01_2

 こいつはなにか。場所は京都の岡崎公園内、平安神宮前のグランド横である。いつのころからか気になっていたが、その後の調べで1915年に岡崎公園で開かれた「御大典記念京都博覧会」の会場ゲートの門柱であることが分かった。博覧会の写真帳が出版されており、それに写っていたのである(大典記念京都博覧会事務局編「大典記念京都博覧会写真帳」1915年)。この博覧会は武田五一設計のパビリオンが並んだ。なんだやっぱり武田じゃん。と思って自分のなかでは決着していたがのだが、改めて見直すと、いろいろおもしろいことが分かったので報告しておこう。とりあえず今回の謎は「この物体の作者はだれか?」ということでよろしく。

 よく見てみよう。レンガの胴体の上に石組みの柱頭(ちゅうとう)が載っている。とてもよくできている。一番上の四角いところに電燈のポールが立っていた。石組みは入念に加工されておりただものではない。たとえば、軒(のき)のように突き出した水平部分の底に雨垂れを切るための溝が彫られている。これは様式建築の窓台のつくりかただ。雨水を切って壁面を保護するための処理である。この作者は建築の素養を有している。
 特徴的なかまぼこ屋根のカーブが、門柱に優しい表情を与えている。この半円モチーフは、すぐ近くにある武田設計の府立図書館(1909年)の壁面モチーフと同じだ。かつて図書館前に立っていた掲示板にもこのモチーフが使われていた。増殖するモチーフ。この作者は、府立図書館に敬意を払っていることは間違いなかろう。

 もうひとつ注目したいところは、胴体部分のレンガの模様張りだ。こうした模様張りは、ありそうであまりない。ここは矢羽根(やばね)になっている。弓矢の矢の羽根のところだ。京大時計台で見たように、矢羽根は武田の好むモチーフのひとつだ。やっぱり武田だぁ。とこうなる。

02_2

 整理してみよう。武田の設計した博覧会会場の門柱であり、府立図書館のモチーフを踏襲し、あまつさえ武田好みの矢羽根模様をつけている。これらのことを総合的に勘案した結果、この門柱は武田自身がデザインしたと結論づけた。ほんとによくできている。だれが見ても武田だと思うだろう。しかしながらこれは武田作品ではない。なぜか。

 この博覧会の会場設計を武田が担当したと言ったが、よく調べると全部ではないことが分かる。博覧会後に勧業館として残された本館の設計は京都府とある。武田の設計したのは閉会後解体されるパビリオンだけだったのだ。そう思って門柱をよく見ると武田らしくないところが見えてくる。

03_1

 第1に特徴的かまぼこ屋根。半円と言ったが、よく見ると半円よりも大きい。屋根の端が水平になっているが、これがかまぼこの中心より下になっている。武田ならこうはしない。府立図書館は図のように水平部分が円の中心より上なっている。こうしたほうが水平方向へ開いたかたちとなる。門柱は反対に垂直を強調したデザインだ。

 第2に照明が小さ過ぎる(写真参照)。なぜ?というほど小さい。プロポーションを重視する武田ならもっと大きな照明をつけるだろう。
 第3に、そもそも門柱が小さ過ぎる。写真で見るとゲートの幅は15メートルはあるように見える。門柱の高さは照明の上まで入れても3メートルちょっと。つり合わない。会場にはもう一種類の門柱があるが、こんな風に武田なら門の幅に見合った高さの門柱にするのが普通だ。

04_1

 そして第4。これが決めてとなった。お分かりだろうか。そう、武田ならレンガにしないのである。銀橋で見たように、武田がレンガを使うのは本当にレアケースなのだ。レンガを使うときには必ず周辺にレンガの建物がある。岡崎公園にはそれが無い。こいつだけが紅い顔をして立っている。

 ということで、こいつの作者は武田以外のだれかだ。およそ京都府関係の建築家、たとえば亀岡末吉とか。この先はわたしには分からない。いずれにせよ彼が武田の図書館に敬意を表していたことは確かだ。かつて岡崎公園には武田作品がたくさんあった。そのまわりにこいつのような武田物件が増殖していく。それは武田の持ち込んだウイーン風デザインに魅了されたものが多かった証だ。武田作品に触発され、広がるエコーのようなデザインの連鎖。今となっては岡崎公園の武田作品も武田物件もごくわずか。それでもまだかすかに残っている残響のひとつがこいつなのである。

|

« 06 像山碑の謎 | 象山先生遭難之碑(京都市) | トップページ | 08 断片化する武田 / 京都陳列館門柱  »

07断片化する武田」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、vivasanと申します。
建築についてはど素人ですが、近代建築が好きで、武田五一は気になる存在です。
このモニュメント、えすさんのブログ(http://kyotodenikki.seesaa.net/article/33949196.html)で見てから何なんだろうと気になっていたのですが、こちらでやっと謎が解決しました。えすさんにもお知らせしておきました。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

投稿: vivasan | 2007.06.18 23:19

vivasanようこそおこしくださいました。ブログ拝見しました。カルガモかわいい。こちらこそよろしく。

投稿: つきのたぬき | 2007.06.19 05:15

つきのたぬき様
はじめまして。びんみんと申します。
この煉瓦柱と京都市美術館の裏門の石柱は何なのだろうと気になっていました。この記事を読ませていただいて、2つも疑問が解決し、すっきりいたしました。
ありがとうございました。
事後報告になりますが、こちらのページを引用させていただきました。

投稿: びんみん | 2008.10.14 00:31

びんみんさん、ようこそ。裏門の石柱をご存知とはさすがです。岡崎公園周辺は不思議がいっぱいですね。これからもよろしく。

投稿: つきのたぬき | 2008.10.14 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07 断片化する武田 / 大典記念京都博覧会門柱(京都市):

« 06 像山碑の謎 | 象山先生遭難之碑(京都市) | トップページ | 08 断片化する武田 / 京都陳列館門柱  »